現在は会社設立サービスを提供する業者も多くいます

専門的な悩みは専門のプロに相談しよう

会社経営を考える

会社設立サービスを提供する専門家が増えそうです

従来、会社設立サービスを提供している専門家といえば、司法書士であるのが当たり前にようになっていました。なぜかというと、会社設立時には、必ず法務局に登記申請書を提出して設立登記をする必要があるためです。他人からの依頼に応じて登記申請手続きを代行する権限が認められているのは司法書士だけです。そのため、会社設立のために利用する専門家といえば司法書士であることが当たり前のように考えられていました。しかし、約10年前に行われた商法改正によって、その状況に大きな変化が現れました。商法から会社法が独立させられたのと同時に、会社の設立手続きが簡略化されました。その結果、わざわざ司法書士の手を借りなくても自分で設立登記をすることができるようになりました。その影響もあって、最近では、弁護士や税理士などが、その業務の特性を生かした独自の会社設立サービスを提供するケースが増えてきています。また、この傾向は、今後さらに強まるだろうと予想されています。

どの業者を利用するかによって受けられるサービスが変わってきます

様々な業者が会社設立サービスを提供していますが、どの業者を利用するかによって、受けられるサービスの内容が大きく変わってくることになります。たとえば、先ほども述べたように、会社の設立登記そのものを頼んでしまいたいと希望しているのであれば、司法書士を利用する必要があります。一方、定款の作成やその認証手続きの代行を頼みたいだけであるのならば、行政書士を利用するのが得策です。行政書士の料金は他の士業に比べるとずっとリーズナブルになっていますし、文書の作成代行はお手の物です。多くの行政書士が電子認証システムを導入していますので、実質的に行政書士の利用手数料がゼロ円になるケースもありえます。ただし、それ以外の業務も頼みたい場合には、その業務内容を取り扱う権限を有している業者を利用する必要があります。

税金の問題

大きな利益を得ると税金の額も増えてしまいますが、現在は税率が安い国に会社を設立する動きが進んでいます。移転価格税制をするときは専門業者を利用すると失敗のリスクを抑えられます。

補償額が異なる

交通事故によっては後遺障害が残ってしまいますが、1級から14級まで等級によって補償額が異なります。補償期間は67歳までと決められており、過去にも裁判例があるため、それを参考にしながら補償内容などを決めていきます。

離婚トラブル

離婚のトラブルはとても複雑なので相談で解決できない可能性もあります。離婚の問題のケースを専門としている弁護士もいるので、まずはホームページをチェックして事務所探しをすると良いです。