現在は会社設立サービスを提供する業者も多くいます

専門的な悩みは専門のプロに相談しよう

離婚トラブル

離婚の法律相談について気をつけること

離婚の法律相談は、事案が比較的複雑ですので相談の時間も長くかかる傾向にあります。そのため、例えば地方公共団体などで行われている30分程度の無料相談では話をしきれないケースがほとんどです。そこで、できればそのような時間制限のない、法律事務所などに行くことが望ましいでしょう。 また、離婚問題は弁護士によって得手・不得手や経験の数などが大きく異なってきます。例えば、企業法務を中心に行っている法律事務所などはそのような離婚関係の事案は普段取り扱わないので、適切なアドバイスを行うことができるかどうか疑問です。最初から離婚問題は取り扱わないことにしている法律事務所もあるくらいです。そこで、相談に行く前に、必ずその事務所のホームページなどをチェックして、取扱い業務の中に離婚問題が含まれているかを確認しましょう。

なぜ離婚の法律相談に行くのか明確にする

離婚の法律相談に行く前に、自身は今後配偶者との関係をどうしたいのかについて、できるだけ明確にしておく必要があります。何となく結婚しているのが嫌になったからといって、法律事務所に相談に行くのでは、弁護士が困ってしまいます。法律事務所はお悩み相談所ではないからです。 また、例えば離婚の交渉を行うにあたって、財産分与や慰謝料など金銭を多く請求することに重点を置くのか、それともお金はもらえなくても親権が取れれば良いのか、などによって方針が変わってきます。その際にも、いずれが良いのかを決めるのは本人であって弁護士ではありません。 ですから、弁護士に相談する際には、離婚したいのかそれとも違う方法をとりたいのか、離婚するにしてもどのような条件を重視するのかについてよく考えておくべきです。