現在は会社設立サービスを提供する業者も多くいます

専門的な悩みは専門のプロに相談しよう

税金の問題

税金を軽減しようとすると関わる業者

税金は大きな利益を得るほど要求されます。優れた環境を提供したから利益を得る事ができたというのが、国が主張する言い分です。しかしその言い分を受け入れてしまうと、要求金額がさらに大きくなりかねません。相手が何も反応しなければ、要求はエスカレートしていくものだからです。 だから自分達も主張して税金を安くする事は、重要な業務の一貫と言えます。そのため税率の安い国に子会社を設立する動きが開始されました。子会社が利益を得るように工夫すれば、課せられる税金が安くなります。現在では当たり前のように行われている行為です。 しかし国税局も黙って見ていたわけではありません。移転価格税制を作る事で、企業の動きに制限を与えようとしています。

移転価格を調整するサービス

移転価格税制は子会社に対してアームスレングス価格で販売したと、国税局が判断を下せるものです。いくら子会社に安い値段で商品を売り現地で転売させたとしても、課せられる税金は無関係の業者に販売した時と同額です。つまり子会社に移転価格で販売しても、通常通りの税金を支払う必要があります。それどころか子会社も現地で得た利益に税金が課せられるため、別国で二重徴収されている事になるのです。 しかしそれは極端な取引を行っているケースです。移転価格税制に対応した値段で、子会社に対して販売をすれば大きな問題ではありません。移転価格税制の対応については専門業者を利用すべきです。信頼の置ける人が設定しないと、失敗した時に大きなダメージを受ける可能性があります。